キャッチタンク [オイルキャッチタンク] (キャッチタンク)

2021/06/12

キャッチタンク [オイルキャッチタンク] (キャッチタンク)

エンジンから出るブローバイガスは、ノーマル車ではそのままインテークパイプに戻される。でも、ブローバイガスに混ざったオイルがいろいろ悪影響をおよぼすのを防ぎたい場合、配管の途中にタンクを設置し、オイルを分離させて回収する。このタンクをキャッチタンクという。キャッチタンクを通過したガスは、レーシングカーなどでは大気に開放するが、車検に通すにはインテークパイプに戻す必要がある。