圧縮比 (アッシュクヒ)

2021/06/3

圧縮比 (アッシュクヒ)

シリンダー内で、混合気がどれくらい圧縮されるかを表す数値。ピストンが上死点のときのシリンダーの容積を1としたときの、ピストンが下死点のときのシリンダーの容積の比率で表す。数字が大きいほうが『圧縮比が高い』といって、トルクを出しやすいが異常燃焼も起こりやすくなる。ターボ車はその傾向が強いので、圧縮比は9.0以下に設定されているものが多い。NAのスポーツエンジンだと10.0以上のものがほとんどだ。