用語Q&A

サイレンサー (サイレンサー)

消音器のことで、マフラーの途中にあり消音機構が内蔵された部分のことを指す。俗にタイコとも呼ばれる。純正のマフラーでは、とにかく音を小さくすることを重視して、排気抵抗の大きい構造になっているが、社外のスポーツマフラーでは、排気抵抗の少ない構造にすることで、エンジンの負担を減らしてパワーを引き出す。基本的にサイレンサーが大きいほうが、消音効果は大きい。

サイドシル (サイドシル)

ボディのフロアの左右で前後方向に伸びる強度部材のこと。ドアの下側にあたる、ちょうどサイドステップを固定するあたりのことを指す。剛性面でかなり重要になる部分で、筒状にすることで剛性を上げていることが多い。この部分に発泡ウレタンを流し込んで硬化させることで剛性アップを図るチューニングも行われている。ちなみに「シル」というのは下枠とか敷居とかいう意味。

Side Oiler (サイドオイラー)

シェルビーコブラなどにも搭載されていた
フォード製レースエンジンの名作であるビッグブロック。

排気量は427cu.in

最低地上高 (サイテイチジョウコウ)

路面から車体のいちばん低いところまでの高さのこと。ただし、リップスポイラーやサイドステップ、ディフューザーなどは除かれるので、たいていはデフやメンバー(サスペンションメンバー)、マフラーあたりまでの高さになる。ホイールベースが200~249cmのクルマは最低地上高が8cm以上、ホイールベースが250~299cmのクルマは最低地上高が9cm以上ないと、保安基準に適合しない。